【働き方改革】「パートだからボーナスなし」は当たり前?

 

 
 
 
2020年4月1日から「パートタイム労働法」が「パートタイム・有期雇用労働法」に変わりました。

 
 
 
(中小企業は2021年4月1日から適用)
 
 
 
 
 
社内で正社員と非正社員(パート、アルバイトなど)の不合理な待遇差が禁止されています。
 
 
 
(同一労働同一賃金)
 
 
 
 
「正社員全員にボーナスを支給しているが、パート、アルバイトには支給していない」
 
 
 
「正社員は、人事評価の結果に基づいてボーナスの支給額を決めている。
 
 
 
パート、アルバイトなど非正社員は、人事評価制度がないためボーナスなし」
 
 
 
 
「正社員全員に、職務の内容や業績への貢献度にかかわらず、なんらかのボーナスを支給している。
 
 
 
パート、バイトなどの非正社員は、ボーナスなし。」
 
 
 
と単に「短時間・有期雇用労働者だから」という理由で不合理な待遇差があるのは、問題となります。
 
 
 

出典:厚生労働省同一労働同一賃金ガイドライン(2018.12.18厚生労働省告示第430号)

 
 
 
 
社内で正社員とアルバイト・パート・契約社員などに不合理な待遇差がないか、ご確認ください。
 
 
 
 
 
 
「同一労働同一賃金」への対応については、こちらをご覧ください。
 
 
 
 
 
 
就業規則や賃金規程の診断・作成・改定(オンラインにて打ち合わせも対応)は、こちらをご覧ください。
 
 
 
 
 
 
 
顧問契約(オンライン相談も対応)の内容、料金は、こちらをご覧ください。
 
 
 
 
 
 
料金は、こちらをご覧ください。
 
 
 
 
 
 
PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。