【働き方改革】 パートの残業代、計算は合っている?

 
 

労働基準法では、1日8時間または週40時間を超えて仕事をさせた場合、25%以上の割増賃金を支払わなければなりません。

 
 
 
 

例:所定労働時間9:00~16:00(休憩1時間)、
 時給1,000円のパート職員

 
 
 

・9:00~19:00(休憩1時間)まで仕事をした日の
場合

 
 
 

労働時間が1日8時間までは、普通の時給を支払えばよく、割増賃金を支払う必要はありません。

 
 
 

この日は9時間仕事をしたので、パート代は

 
 
 
 

1,000円✕8時間+(1,000円✕1時間✕1.25)

 
 
 

=9,250円

 
 
 

を支払う必要があります。

 
 
 
 

働き方改革関連法が始まり、2020年4月1日から

 
 
 

現在の「パートタイム労働法」

 
 
 

   ↓

 
 
 

「パートタイム・有期雇用労働法」に変わります。

 
 
 

(中小企業は2021年4月1日から)

 
 
 
 

社内で正社員と非正社員の間で、基本給などあらゆる待遇で不合理な差が禁止されます。

 
 
 
 

「正社員が深夜勤務した場合、30%の割増賃金を支払っている」

 
 
 

場合、正社員と同じ職務内容の深夜勤務をしたパート職員にも30%の割増賃金を支払う必要があります。

 
 
 

 
 
 
 

「パート・アルバイトなど有期契約労働者の労務管理の方法がわからない」

 
 
 

という方は、こちらのページをご覧ください。

 

 
 
 
 

★働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

★顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

★就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。