企業がパワハラ予防効果を実感できた取組みトップ3は?

 
 
 

2020年6月1日から、パワーハラスメント(パワハラ)防止対策が大企業に義務づけられます。

 
 
 

中小企業は、

 
 
 
 

・2022年3月末までは「努力義務」

 
 
 

・2022年4月1日から「義務化」

 
 
 

となります。

 
 
 
 

企業調査によると

 
 
 

■「パワハラ予防に向け効果を実感できた取組」

 
 
 

(複数回答)

 
 
 
 

1位 「管理職を対象にパワハラの講演や研修会を
実施した」       74.2% 

 
 
 
 

2位 「一般社員などを対象にパワハラの講演や研修会を実施した」      69.5%

 
 
 
 

3位 「相談窓口を設置した」  60.6% 

 
 
 
 

の順となっています。

 
 
 
 

出典:厚生労働省平成28年度厚生労働省委託事業職場のパワーハラスメントに関する実態調査報告書(概要版)

 
 
 
 

定着率向上のためには、講演や研修会を定期的に実施することが重要となります。

 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
 

ハラスメントについては、こちらもご覧ください。

 
 
 
 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

顧問契約(オンライン相談も対応)の内容、料金は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。