働き方改革元年、年間年次有給休暇取得率は何%?

 
 
 

先日、厚生労働省HPで、令和2年就労条件総合調査の結果が公表されました。

 
 
 
 
 

平成31年・令和元年1年間に企業が付与した労働者1人平均年次有給休暇の取得状況は

 
 
 

■付与日数 18.0日(平成30年調査計18.0日)

 
 
 

■取得日数 10.1日(平成30年調査計9.4日)

 
 
 

■取得率  56.3%(平成30年調査計52.4%)

 
 
 

■企業規模別年次有給休暇取得取得率

 
 
 

・1,000人以上 63.1%

 
 
 

・300~999人 53.1%

 
 
 

・100~299人 52.3%

 
 
 

・30~99人  51.1%

 
 
 

と前年より年次有給休暇取得日数や取得率は高くなっています。

 
 
 
 

出典:厚生労働省「令和2年就労条件総合調査の概要第5表」

 
 
 
 

2019年4月から、働き方改革関連法がスタートしました。

 
 
 
 

事業主は、労働者に年5日以上の年次有給休暇を取得させなければなりません。

 
 
 
 

対象者は「基準日に年次有給休暇を10日以上付与される労働者」です。

 
 
 
 

管理監督者や学生アルバイト・パートなどの有期雇用労働者も対象です。

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

働き方改革については、こちらもご覧ください。

 
 
 
 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。

 
 
 
 
 
 

顧問契約(オンライン相談も対応)の内容、料金は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

労務相談(オンライン相談対応)などの料金は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)からのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。