令和元年諸手当種類別ランキング、支給企業割合トップ3は?

 
 
 

先日、厚生労働省HPで、令和2年就労条件総合調査の結果が公表されました。

 
 
 
 

令和元年11月分の常用労働者1人の

 
 
 

■平均所定内賃金 319,700円 

 
 
 
 

→このうち基本給272,200円(85.1%)、諸手当47,500円(14.9%)

 
 
 
 

■諸手当の種類別支給企業割合(複数回答)

 
 
 

1位「通勤手当など」 92.3%(前年調査計91.7%)

 
 
 

2位「役付手当など」86.9%(前年調査計87.7%) 

 
 
 

3位「家族手当、扶養手当、育児支援手当など」68.6%(前年調査計66.9%) 

 
 
 

と諸手当を支給する企業の約9割が、通勤手当を支給しています。

 
 
 

出典:厚生労働省「令和2年就労条件総合調査の概要第17、18表」

 
 
 
 

2020年4月から、パートタイム労働法が

 
 
 

「パートタイム・有期雇用労働法」に変わりました。

 
 
 

(中小企業は2021年4月1日から)

 
 
 
 

社内で基本給や賞与など、あらゆる待遇で正社員と非正社員の不合理な待遇差が禁止されています。

 
 
 

(同一労働同一賃金)

 
 
 
 

各種諸手当に不合理な待遇差がないか、ご確認ください。

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

働き方改革については、こちらもご覧ください。

 
 
 
 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。

 
 
 
 
 
 

顧問契約(オンライン相談も対応)の内容、料金は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

労務相談(オンライン相談対応)などの料金は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)からのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。