令和元年度 過労死など労災請求が多い業種トップ3は?

 
 
 

今日厚生労働省HPで、令和元年度の「過労死等の労災補償状況」が公表されました。

 
 
 
 

過重労働で、脳梗塞や心筋梗塞など脳血管・心疾患になった場合、労災補償の対象になります。

 
 
 
 

令和元年度の脳・心臓疾患の労災補償状況は

 
 
 

(1) 労災補償請求件数 936件(前年度比59件増)

 
 
 

→支給決定件数 216件(前年度比22件減)

 
 
 

支給決定件数のうち死亡件数は86件(前年度比4件増)

 
 
 
 

脳・心臓疾患の業種別請求件数が多い業種は

 
 
 

1位 運輸業 ,郵便業 197件(支給決定件数68件)

 
 
 

2位 卸売業,小売業 150件(支給決定件数32件)

 
 
 

3位 建設業    130件(支給決定件数17件)

 
 
 

の順となっています。

 
 
 

出典:厚生労働省令和元年度「過労死等の労災補償状況」表1-1脳・心臓疾患の労災補償状況

 
 
 
 

2020年4月1日から中小企業も、残業時間の上限規制が始まりました。

 
 
 
 

ただし

 
 
 

・建設業・自動車運転業・医師の上限規制は、2024年4月1日から

 
 
 

・新技術・新商品などの研究・開発業務は、上限規制の適用除外

 

 
 
 

・鹿児島県・沖縄県の砂糖製造業は、2024年3月末まで、上限規制の一部は適用されず。

 
 
 

→2024年4月1日から上限規制のすべて適用

 
 
 

とされています。

 
 
 
 
 

働き方改革については、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)からのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。