平成31年度・令和元年度サービス残業で指導を受け100万円以上支払った企業数は?

 
 
 

厚生労働省HPで、平成31年度・令和元年度労働基準監督署によるサービス残業の指導結果が公表されました。

 
 
 
 

サービス残業分を各労働者に支払った金額が、1企業で合計100万円以上の事案が対象で

 
 
 

■労働基準監督署に是正指導された企業数

 
 
 

 1,611企業(前年度比 157企業の減)

 
 
 

→うち、1,000万円以上の割増賃金を支払ったのは、161企業(前年度比 67企業減)

 
 
 
 

■対象労働者数  7万8,717人(同3万9,963人減)

 
 
 
 

■支払われた割増賃金合計額

 
 
 

 98億4,068万円(同26億815万円減)

 
 
 
 

■支払われた割増賃金の平均額 

 
 
 

 1企業当たり611万円、労働者1人当たり13万円

 
 
 

となっています。

 
 
 
 

出典:厚生労働省「監督指導による賃金不払残業の是正結果(平成31年度・令和元年度)」

 
 
 
 

2019年4月から働き方改革関連法が始まりました。

 
 
 
 

2023年4月1日から中小企業も、

 
 
 

■1カ月の残業時間が60時間以下の場合

 
 
 

 25%以上の割増率

 
 
 
 

■1カ月の残業時間が60時間越の場合

 
 
 

 50%以上の割増率

 
 
 
 

で計算した残業代(割増賃金)を支払わなければなりません。

 
 
 
 
 
 

働き方改革については、こちらもご覧ください。

 
 
 
 
 
 

労務相談・就業規則作成など料金一覧は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。

 
 
 
 
 
 
PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 
携帯電話用(ガラケー)からのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。