働き方改革 労働時間・休憩・休日

年変形or月変形?令和元年度採用している労働時間制トップ3は?

先日、厚生労働省HPで令和元年度過労死等に関する実態把握のための労働・社会面の調査研究事業報告書が掲載されました。
 
 
 
 
企業調査結果によると、

 
 
 
■採用している労働時間制(複数回答)
 
 
 
1位「1年単位の変形労働時間制」36.0%
 
 
 
2位「特に実施していない」28.7%
 
 
 

3位「1か月単位の変形労働時間制」27.1%

 
 
 
 
■1年単位の変形労働時間制の採用割合が最も多い業種(複数回答)
 
 
 
運輸業、郵便業 54.1%
 
 
 
 
■1か月単位の変形労働時間制の採用割合が最も多い業種(複数回答)
 
 
 

医療、福祉 53.3%

 
 
 
 

となっています。

 
 
 
 

出典:厚生労働省令和元年度過労死等に関する実態把握のための労働・社会面の調査研究事業報告書図表2-1-24・25

 
 
 
 

2019年4月1日から働き方改革が始まり、残業できる時間が法律で規制されています。

 
 
 
 

変形労働時間制を導入することで、残業を減らすことができるケースもあります。

 
 
 
 
 
 

夜勤に欠かせない「1カ月単位の変形労働時間制」を 採用するには?

 
 
 
 
 
 

1年変形の労働時間制とは?もご覧ください。

 
 
 
 
 

働き方改革については、こちらもご覧ください。

 
 
 
 
 
令和4年10月1日・令和6年10月1日からの2段階で始まる健康保険・厚生年金の適用拡大で、新たに加入対象になるパート・バイトは?こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
パート・アルバイト・契約社員・嘱託職員の労務管理については、こちらもご覧ください。

 
 
 
 
 
夜勤のシフトなど労務管理や助成金などについては、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 

労務相談や就業規則の診断・改定・作成、各種手続きについては、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 

令和4年4月から始まる改正育児・介護休業法や10月から始まる産後パパ育休など法改正情報などについて、無料メールマガジンでお伝えしています。
 
 
 
 

 

       

 
 
 

 
 
 

こちらの関連記事もご覧ください。

 
 
 

2015年3月に島根県益田市にて社会保険労務士事務所を開業した池口と申します。 「求人を出しても応募がない」 「優秀な人に長く勤めてもらいたい」 と人材不足や労務管理に悩む社長さまのご相談をオンライン(Zoom、Skype、Chatwork)・LINE・メール・FAX・電話・訪問などご希望の方法で承っております。 令和3年度財団法人介護労働安定センター雇用管理コンサルタント任命。