令和2年5月人手不足感が高い産業トップ3は?

 
 
 

今日、厚生労働省HPで労働経済動向調査(2020 年5月)の概況が公表されました。

 
 
 
 

2020年5月1日現在の正社員等労働者過不足判断D.I.は、

 
 
 

■ 調査産業計 24ポイント

 
 
 
 

■ 人手不足感が高い産業

 
 
 

1位 「建設業」 46ポイント

 
 
 

2位 「医療,福祉」  43ポイント

 
 
 

3位 「運輸業,郵便業」 41ポイント

 
 
 
 

で人手不足感が高くなっています。

 
 
 
 

出典:厚生労働省労働経済動向調査(2020年5月)の概況表5産業別正社員等労働者過不足状況と労働者過不足判断D.I.

 
 
 
 

人手不足感が高い産業トップ3は、長時間労働が課題となっている産業です。

 
 
 
 

2020年4月から、小さな会社やお店にも残業時間の上限規制が適用されています。

 
 
 
 

建設業、自動車運転業、医師の上限規制は、2024年4月からとなっています。

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

顧問契約(働き方改革・新型コロナに関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

料金はこちらのページをご覧ください。