【働き方改革】令和2年7月残業時間の上限規制違反で指導を受けた会社は?

 
 
 

厚生労働省HPでは、労働基準関係法令違反で送検などされた会社の情報が、毎月更新されています。

 
 
 
 

残業(時間外労働)時間の上限規制違反で、令和2年7月14日に埼玉労働局長から指導された会社は

 
 
 

■アルファクラブ武蔵野(株)(埼玉県さいたま市大宮区)

 
 
 

(1) 労働基準法第32条に違反した

 
 
 

(2) 1か月当たり80時間を超える時間外・休日労働が、複数の事業場で認められた

 
 
 

ということです。

 
 
 

出典:厚生労働省労働基準関係法令違反に係る公表事案(令和元年8月1日~令和2年7月31日公表分)

 
 
 
 

2019年4月から働き方改革が始まり、大企業は残業時間の上限が法律で規制されています。

 
 
 
 

2020年4月1日から中小企業にも、残業時間の上限規制が開始されました。

 
 
 

(建設業・運送業など一部の事業・業務を除く)

 
 
 
 

36協定の締結・届出がされた場合でも、

 
 
 

■「時間外労働+休日労働の時間<月100時間」

 
 
 
 

■「時間外労働+休日労働」の2~6か月平均すべてが月80時間以内

 
 
 
 

を超えて時間外労働や休日労働をさせた場合、

 
 
 

「6か月以下の懲役または30万円以下の罰金」

 
 
 

の罰則が適用される可能性があります。

 
 
 

 
 
 

働き方改革については、こちらのページもご覧ください。

 
 
 

 
 
 

顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 

 
 
 

就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 

 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)からのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。