令和2年3月に労働基準法違反で送検された会社は?

 
 
 

厚生労働省HPでは、労働基準関係法令違反で送検された会社名などの情報が、毎月更新されています。

 
 
 
 

令和2年3月に送検された会社は

 
 
 

◯青森県社交飲食業生活衛生同業組合(青森県八戸市)

 
 
 

労働者を解雇するに当たって少くとも30日前の予告または30日分以上の平均賃金の支払をしなかった

 
 
 

→労働基準法第20条違反でR2.3.2送検

 
 
 

◯イクナス(群馬県桐生市)

 
 
 

労働者4名に係る賃金台帳等を3年間保存しなかった

 
 
 

→労働基準法第109条違反でR2.3.13送検

 
 
 

◯(株)マルズミ(長野県上田市)

 
 
 

10日前または8日前に解雇を予告した労働者に、20日分以上または22日分以上の平均賃金を支払わなかった

 
 
 

→労働基準法第20条違反でR2.3.25送検

 
 
 

などです。

 
 
 
 

出典:厚生労働省労働基準関係法令違反に係る公表事案(平成31年4月1日~令和2年3月31日公表分)

 
 
 
 

使用者は、就業規則に解雇事由を記載しておかなければなりません。

 
 
 
 

合理的な理由がある場合でも、労働者を解雇する際は

 
 
 

・少なくとも30日前に解雇の予告をする

 
 
 

・予告を行わない場合は、30日分以上の平均賃金(解雇予告手当)を支払う

 
 
 

・予告の日数が30日未満の場合は「不足日数×平均賃金」を解雇予告手当として支払う

 
 
 

ことが必要です。(労働基準法第20条)

 
 
 
 
 

労働基準法など人を雇う時のルールのご相談はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

働き方改革については、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

★就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

★顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。