令和2年3月労災隠しで送検された会社は?

 
 
 

厚生労働省HPでは、労働基準関係法令違反で送検された会社名などの情報が、毎月更新されています。

 
 
 
 

令和2年3月に労災隠しで送検された会社は

 
 
 

◯ITフレックス(株)(北海道札幌市東区)

 
 
 

4日以上の休業を要する労働災害について、虚偽の内容を記載した労働者死傷病報告書を提出した

 
 
 

→労働安全衛生法第100条、労働安全衛生規則第97条違反でR2.3.11送検

 
 
 

◯山形郵便輸送(株)(山形県山形市)

 
 
 

4日以上の休業を要する労働災害について、遅滞なく労働者死傷病報告書を提出しなかった

 
 
 

→労働安全衛生法第100条労働安全衛生規則第97条違反でR2.3.9送検

 
 
 

◯西部物流(株)福山支店(広島県福山市)

 
 
 

4日以上の休業を要する労働災害が発生したのに、遅滞なく労働者死傷病報告書を提出しなかった

 
 
 

→労働安全衛生法第100条労働安全衛生規則第97条違反でR2.3.3送検

 
 
 

などです。

 
 
 
 

出典:厚生労働省労働基準関係法令違反に係る公表事案(平成31年4月1日~令和2年3月31日公表分)

 
 
 
 

一昨日、新型コロナウイルスで初めて労災認定されたと報じられました。

 
 
 
 

就業中に新型コロナウイルスに感染・発症し、休業した場合

 
 
 

「労働者死傷病報告」

 
 
 

を遅滞なく、労働基準監督署に提出しなければなりません。

 
 
 
 
 

新型コロナウイルス感染対策関連の労務相談については、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

小売業の店員やバス・タクシー運転手、保育士などの新型コロナウィルス感染の労災認定についてはこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

介護士、医師、看護師などの新型コロナウィルス感染の労災認定についてはこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

働き方改革については、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

顧問契約(新型コロナ・働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

お問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。