令和2年年末までに就業規則の見直しが必要な理由は?

 
 
 

子の看護休暇&介護休暇が

 
 
 

■ 現在

 
 
 

・半日単位で取ることができる

 
 
 

・1日の所定労働時間が4時間以下の労働者は取れない

 
 
 
 

■ 令和3年1月1日から

 
 
 

「時間単位」で取ることが可能になる

 
 

・「すべての労働者」が取ることが可能になる

 
 
 

と変わります。

 

 
 
 

出典:厚生労働省「子の看護休暇・介護休暇が時間単位で取得できるようになります!」

 
 
  
 

子の看護休暇・介護休暇は、就業規則に絶対記載しておかなければならない「休暇」に該当します。

 
 
 
 

よって現在、子の看護休暇・介護休暇を

 
 
 

「半日(または1日)単位で取得させている」

 
 
 

という事業所の場合、就業規則の見直しや改定が必要です。

 
 
 
 
 

就業規則の見直しや改定については、こちらのページをご覧ください。

 
 

 
 
 

出産、育児・介護休業の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 

 
 
 

携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。