人材定着

令和2年転職者の賃金・労働時間は転職後に増えたor減った?転職理由のトップ3は?

 

今日、厚生労働省HPで令和2年転職者実態調査の概況が公表されました。

 
 
 
 

令和2年12月3日~令和3年1月27日に実施された個人調査によると転職者の労働条件(賃金・労働時間)の変化は、

 
 
 
 

■ 転職による労働条件(賃金)の変化(総数)

 
 
 

1位 賃金が「減少した」 40.1%(前回調査時平成27年 36.1%)

 
 
 

2位 賃金が「増加した」 39.0%(同上 40.2%)

 
 
 

3位 変わらない 20.2%(同上 22.2%)

 
 
 
 

■ 転職による労働条件(労働時間)の変化(総数)

 
 
 

1位 労働時間が「減少した」 39.3%(前回調査時平成27年 34.3%)

 
 
 

2位 変わらない 33.6%(同上 33.0%)

 
 
 

3位 労働時間が「増加した」 26.3%(同上 31.4%)

 
 
 
 

■ 最も多かった直前の勤務先を離職した理由(総数)「自己都合76.6%(前回調査時平成27年 75.5%)」

 
 
 
 

■ 自己都合による離職理由(総数、3つまでの複数回答)

 
 
 

1位 「労働条件(賃金以外)が良くなかった」 28.2%(前回調査時平成27年 27.2%)

 
 
 

2位 「満足のいく仕事内容でなかったから」 26.0%(同上26.7%)

 
 
 

3位 「賃金が低かったから」 23.8% (同上24.9%)

 
 
 

と賃金より労働時間が、転職に大きな影響を与えています。

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

厚生労働省では、11月を「過労死等防止啓発月間」と定め毎年キャンペーンなどが実施されています。

 
 
 
 

人材定着率をアップするためにも、残業時間の上限規制に対応できているかご確認ください。

 
 
 
 
 
 

働き方改革の残業時間上限規制とは?小さな会社やお店もしなければならないことは?詳しくは、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

中小企業用、残業時間の上限規制対応チェックシートをダウンロードできるサイトは?詳しくは、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

令和3年7月に働き方改革関連法違反で送検された会社は?こちらをご覧ください。
 
 
 
 
 
 
夜勤シフトなどの労務管理や助成金などについては、こちらもご覧ください。

 
 
 
 
 
 

労務相談や研修・セミナー講師などのご依頼は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

法改正情報などについては、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

 
 
 

 

こちらの関連記事もご覧ください。

 
 

2015年3月に島根県益田市にて社会保険労務士事務所を開業した池口と申します。 「求人を出しても応募がない」 「優秀な人に長く勤めてもらいたい」 と人材不足や労務管理に悩む社長さまのご相談をオンライン(Zoom、Skype、Chatwork)・LINE・メール・FAX・電話・訪問などご希望の方法で承っております。 令和3年度財団法人介護労働安定センター雇用管理コンサルタント任命。