労災 安全衛生

令和3年度職場の熱中症防止対策キャンペーン!今月実施すべき教育研修の内容は?

最終更新日: 2021年5月6日

 
 

 
 

厚生労働省HPでは、労働基準関係法令違反で送検された会社名などの情報が、毎月更新されています。

 
 
 
 

令和2年12月に熱中症対策の不備で、下記の会社が送検されています。

 
 
 
 

■(株)ハリック(兵庫県加古川市)

 
 
 

気温が30℃を超える屋外の交通安全誘導警備を行う場所に、労働者に与えるための塩及び飲料水を備えていなかった

 
 
 

→労働安全衛生法第22条労働安全衛生規則第617条違反でR2.12.4送検

 
 
 

出典:厚生労働省労働基準関係法令違反に係る公表事案(令和2年3月1日~令和3年2月28日公表分)

 
 
 

今月は、令和3年「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン(職場における熱中症予防対策)」の準備期間中です。

 
 
 
 

準備期間中の4月に実施すべき事項のひとつに「各級管理者、労働者に対する教育研修の実施」が、実施要綱に挙げられています。

 
 
 
 

教育研修は、下記の表3及び表4に基づき実施する必要があります。

 
 
 
 

表3 熱中症予防管理者労働衛生教育

 

       事 項       範 囲
熱中症の症状(30分) ・熱中症の概要
・職場における熱中症の特徴
・体温の調節
・体液の調節
・熱中症が発生する仕組みと症状
熱中症の予防方法(150分) ・WBGT値(意味、WBGT基準値に基づく評
価)
・作業環境管理(WBGT値の低減、休憩場所の整備等)
・作業管理(作業時間の短縮、熱への順化、水分及び塩分の摂取、服装、作業中の巡視等)
・健康管理(健康診断結果に基づく対応、日常の健康管理、労働者の健康状態の確認、身体の状況の確認等)
・労働衛生教育(労働者に対する教育の重要性、教育内容及び教育方法)
・熱中症予防対策事例
熱中症の症状 (30分) ・熱中症の概要
・職場における熱中症の特徴
・体温の調節
・体液の調節
・熱中症が発生する仕組みと症状
緊急時の救急処置(15分) ・緊急連絡網の作成及び周知
・緊急時の救急措置 
熱中症の事例 
(15分)
・熱中症の災害事例

 
 

注 対象者の熱中症に対する基礎知識の状況に応じ熱中症の症状及び熱中症の予防方法をそれぞれ15分,75分に短縮して行うこととしてさしつかえない。

 
 

表4 労働者向け労働衛生教育(雇い入れ時または新規入場時)

 

       事 項       範 囲
熱中症の症状 ・熱中症の概要
・職場における熱中症の特徴
・体温の調節
・体液の調節
・熱中症が発生する仕組みと症状
熱中症の予防方法 ・WBGT値の意味
・現場での熱中症予防活動(熱への順化、水分及び塩分の摂取、服装、日常の健康管理等)
緊急時の救急処置 ・緊急時の救急措置 
熱中症の事例 ・熱中症の災害事例

 
 
 
 

教育用教材としては、厚生労働省ホームページに公表されている

 
 
 

■厚生労働省「職場における熱中症予防対策マニュアル(令和3年度版)」

 
 
 

■熱中症予防対策について点検すべき事項をまとめたリーフレットなど

 
 
 
 

環境省熱中症予防情報サイトに公表されている

 
 
 

■熱中症に係る動画コンテンツおよび救急措置等の要点が記載された携帯カード「熱中症予防カード」

 
 
 

などを活用し、事業者が自ら当該教育を行うことが困難な場合には、関係団体が行う教育を活用するとされています。

 
 
 
 

 
 
 
 

厚生労働省「令和3年STOP!熱中症 クールワークキャンペーン実施要綱」で職場で実施する熱中症対策をご確認ください。

 
 
 
 
 
 

 

 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
 

こちらの関連記事もご覧ください。

 
 
 

2015年3月に島根県益田市にて社会保険労務士事務所を開業した池口と申します。 「求人を出しても応募がない」 「優秀な人に長く勤めてもらいたい」 と人材不足や労務管理に悩む社長さまのご相談をオンライン(Zoom、Skype、Chatwork)・LINE・メール・FAX・電話・訪問などご希望の方法で承っております。 令和3年度財団法人介護労働安定センター雇用管理コンサルタント任命。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。