【働き方改革】 来月になっても残業時間の上限規制が実施されない業務は?

 
 
 
 

2019年4月から、大企業では残業(時間外労働)時間の上限が法律で規制されています。

 
 
 
 

一部の業務を除き、小さな会社やお店でも2020年4月1日から残業時間の上限規制が始まります。

 
 
 
 

来月になっても、残業時間の上限規制が実施されないのは

 
 
 

(1)「建設事業」

 
 
 

(2)「自動車運転業務」

 
 
 
 

(3)「医師」

 
 
 

で、2024年4月1日から実施されます。

 
 
 
 

2024年4月1日以降は

 
 
 

(1)「建設事業」

 
 
 

災害復旧・復興事業を除き、通常の上限規制をすべて実施

 
 
 

(2)「自動車運転業務」

 
 
 

◯ 36協定(特例条項付き)の締結で、残業時間の上限が年960時間へ

 
 
 
 

◯「時間外労働+休日労働」が、月100時間未満・2~6ヵ月平均80時間以内とする規制は実施されない

 
 
 

○「月45時間超えの残業が可能なのは年6ヵ月まで」という規制なし

 
 
 

(3)「医師」は今後、省令で規定

 
 
 

とされています。

 
 
 
 

なお「鹿児島県・沖縄県の砂糖製造業」は

 
 
 
 

○2024年3月末まで、下記の規制は実施せず

 
 
 
 

「時間外労働+休日労働」が、月100時間未満・2~6ヵ月平均80時間以内とする規制は実施されない

 
 
 
 
 

○ 2024年4月1日から、通常の上限規制が実施

 
 
 
 
 

「新技術・新商品などの研究・開発業務」は、上限規制の適用除外

 
 
 
 
 

とされています。

 
 
 
 
 

働き方改革については、こちらのページをご覧ください。