令和元年上半期、転職後の給料が上がった年代は?

 
 
 
 

先日、厚生労働省HPで令和元年上半期雇用動向調査結果が公表されました。

 
 

令和元年上半期(1月~6月)転入職者が前職より賃金が
 
 
 
○「増加した」と回答した割合が「減少した」という回答割合より多かった年代

 
 
 

・「24歳以下」

 
 
 

・「30~49歳」

 
 
 

○「減少した」と回答した割合が「増加した」という回答割合より多かった年代

 
 
 

・「25~29歳」

 
 
 

・「50歳以上」

 
 
 

と「25~29歳」を除くと年代が若いほど、転職後に賃金が増加したという回答割合が高くなっています。

 
 
 
 

出典:厚生労働省令和元年上半期雇用動向調査結果の概要

 
 
 
 

人手不足が続く中、業種によっては2~3年後に人手が過剰になる職種もあります。

 
 
 
 

職種によって賃金制度の見直しを行い、人材定着率を上げたいですね。

 
 
 
 

【働き方改革】人手不足はいつまで続く?2022年から人手過剰の職種は?はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 

★働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 

★顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 

★就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 

★パート・アルバイトなど有期雇用労働者の労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。