労災で親が亡くなった子供の学費支援とは?

 
 
 

労災保険給付は、労働者が仕事や通勤が原因でケガや病気になった場合、無料で治療が受けられます。また

 
 
 

(1) 労災にあい1年半経過後も、ケガや病気が治らず障害が重い場合は「傷病(補償)年金」

 
 
 

(2) 労災によるケガや病気で一定の障害が残ったときは「障害(補償)年金」

 
 
 

(3) 労災で亡くなった方のご遺族に支給される「遺族(補償)年金」

 
 
 

もあります。

 
 
 
 

(1)~(3)の受給者が

 
 
 

「子供の授業料など学費の支払いが困難!」

 
 
 

という時、労災就学援護費が子供1人につき

 
 
 

■小学校 月額14,000円

 
 
 

■中学校 月額18,000円(通信制 月額15,000円)

 
 
 

■高校など 月額18,000円(通信制 月額15,000円)

 
 
 

■大学など 月額39,000円(通信制 30,000円)

 
 
 

支給されます。(令和2年3月時点の金額)

 
 
 
 

保育所などに預けている場合、労災就労保育援護費が子供1人につき

 
 
 

■月額 12,000円(令和2年3月時点の金額)

 
 
 

支給されます。

 
 
 
 

支給を受けるためには、本人が労働基準監督署へ申請書を提出する必要があります。

 
 
 
 

労災就労保育援護費・労災就学援護費の詳細は、厚生労働省HPの↓リーフレットP.11をご覧ください。

 
 
 
 

出典:厚生労働省「労災保険請求(申請)のできる保険給付等」

 
 
 
 
 
 

働き方改革・新型コロナ関連の労務管理や助成金などについては、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。
 
 
 
 
 
 

料金案内は、こちらをご覧ください。
 
 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 
 携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。