【働き方改革】制服に着替える時間に残業代の支払いは必要?

 
 
 
 

昨日セブンイレブン・ジャパンが、アルバイトやパート従業員の残業手当一部未払いについて謝罪会見を行いました。

 
 
 
 

法律で定められた残業手当の計算式を間違えていたことが原因で、今年の9月労働基準監督署からの指摘で発覚したということです。

 
 
 
 

2019年4月1日から働き方改革がスタートし

 
 
 

「すべての人の労働時間の状況を客観的に把握する」

 
 
 

ことが、「法律」で義務づけられました。

 
 
 
 

「労働時間」に該当する場合、1分単位で賃金を支払わなければなりません。

 
 
 
 

「制服に着替える時間」に賃金の支払いが必要かどうかは、

 
 
 

(1)会社指定の制服を着ることが義務づけられ、罰則がある

 
 
 

(2)会社の更衣室で着替えることが義務づけられている

 
 
 

と(1)、(2)の両方に該当する場合は、労働時間となり賃金の支払いが必要です。

 
 
 
 

また(1)(2)の両方に該当し、所定労働時間が8時間の従業員には、割増賃金の支払いが必要です。

 
 
 
 

「会社に更衣室があるが、自宅から制服を着て通勤することを認めている」場合、労働時間となりません。

 
 
 
 

よって制服を着替える時間に対する賃金の支払いは、不要です。

 
 
 
 

出典:厚生労働省労働時間の考え方:「研修・教育」等の取り扱い

 
 
 
 

残業代の払い忘れがないか、ご確認ください。

 
 
 
 
 

パート・アルバイトの労務管理についてはこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

★働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

★顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

★就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。