新型コロナで雇用調整、残業規制・休日増加など多かった雇用調整方法は?

 
 
 

「新型コロナの影響で時短勤務・休業した」

 
 
 

など、雇用の維持をした事業主に雇用調整助成金が支給されています。

 
 
 
 

今日、独立行政法人労働政策研究・研修機構HPで

 
 
 

「新型コロナが雇用・就業・失業に与える影響雇用調整実施事業所割合」

 
 
 

が公表されました。

 
 
 
 

「2020年1~6月に雇用調整の実施を予定している」と回答した事業の割合は

 
 
 

・2020年1~3月予定 30%

 
 
 

・2020年4~6月予定 29%

 
 
 

雇用調整の方法で多かった回答(複数回答)は

 
 
 

1位 「残業規制」 

 
 
 

・2020年1~3月予定  17%

 
 
 

・2020年4~6月予定  17%

 
 
 

2位 「配置転換」

 
 
 

・2020年1~3月予定  13%

 
 
 

・2020年4~6月予定  13%

 
 
 

3位 「休日の振替、夏期休暇等休日・休暇の増加」

 
 
 

・2020年1~3月予定  11%

 
 
 
 

・2020年4~6月予定  10%

 
 
 
 
 

となっています。

 
 
 
 
 

出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構新型コロナが雇用・就業・失業に与える影響雇用調整実施事業所割合

 
 
 
 
 

2020年4月から、小さな会社やお店も残業の上限時間が、法律で規制されています。

 
 
 

(医師・建設業・自動車運転業など一部業務を除く)

 
 
 
 
 

働き方改革については、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

お問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。