新型コロナウイルスで初の労災認定

 
 
 

今日、加藤厚労相大臣が記者会見で、新型コロナウイルスに感染した労働者で14日までに

 
 
 

・労災請求件数  39件

 
 
 
 

・労災保険の給付決定件数  2件

 
 
 

と新型コロナによる初めての労災認定を公表しました。

 
 
 
 

 厚生労働省によると

 
 
 

・1件は医療従事者

 
 
 

・もう1件は生活関連サービス業従事者(理容室や美容室、旅行業など)

 
 
 

 で、3~4月に申請されていたということです。

 
 
 
 

新型コロナウイルスの感染で労災認定されるためには原則として

 
 
 

「新型コロナウィルスの感染経路が判明し、感染が業務によるものである」

 
 
 

とされています。

 
 
 
 

医師、看護師、介護従事者や小売業の店員やバス・タクシー運転手、保育士などは、他の業務より労災認定されやすくなっています。

 
 
 
 

出典:厚生労働省新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)

 
 
 
 
 

小売業の店員やバス・タクシー運転手、保育士などの新型コロナウィルス感染の労災認定についてはこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

介護士、医師、看護師などの新型コロナウィルス感染の労災認定についてはこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

お問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 

新型コロナウィルス関連の労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

顧問契約(新型コロナ・働き方改革の労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。