暴風警報で社員を早退させた!休業手当は必要?

 
 
 

現在、島根・山口・兵庫・京都などで暴風警報が出ています。

 
 
 

出典:日本気象協会(08日14:00現在)

 
 
 
 

強風の影響で、山陽新幹線に遅れ、JR米子駅~西出雲駅間の運転が取りやめになっています。

 
 
 
 

出勤している社員に、会社が

 
 
 

「暴風で電車の運休が出ているため、午後から帰宅」

 
 
 

と指示をした時、休業手当の支払いは必要でしょうか?

 
 
 
 

「休業手当(平均賃金の60/100)>午前中の勤務時間分の賃金」

 
 
 

の場合は、差額を支払う必要があります。

 
 
 
 

(例)日給10,000円の社員を会社の指示で、午前中勤務後に早退させた

 
 
 

午前中勤務分の賃金4,000円を支払った場合は

 
 
 

(10,000円×60/100)―4,000円=2,000円

 
 
 

と差額の2,000円を支払う必要があります。

 
 
 
 

「自然災害で社員を自宅待機や早退させる場合、有給取得とする」

 
 
 

など、あらかじめ就業規則に定めておきましょう。

 
 
 
 
 

働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

顧問契約(オンライン、メール、電話、訪問など)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

就業規則の診断・作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。