賃金

暴風雪・大雪警報が発令されたので社員を早退させた!休業手当の支払いが必要な時とは?

最終更新日:2021年12月16日

 
 

2021年12月16日17時13分現在、気象庁は、暴風雪と高波及び大雪に関する全般気象情報(第4号)を発表しました。

 
 
 
 

17日から18日にかけて、北日本から西日本で暴風雪と高波及び大雪に注意・警戒を呼び掛けています。

 
 
 
 

今後の気象情報にご注意ください。

 
 
 
 

出典:気象庁暴風雪と高波及び大雪に関する全般気象情報(2021年12月16日17時13分現在)

 
 
 
 

出勤している社員に、

 
 
 

「暴風雪・大雪警報が発令されて電車の運休が出ているため、午後から帰宅」

 
 
 

と会社が指示をして社員を早退させた時、休業手当の支払いは必要でしょうか?

 
 
 
 

「休業手当(平均賃金の60/100)>午前中の勤務時間分の賃金」

 
 
 

の場合は、差額を支払う必要があります。

 
 
 
 

(例)日給10,000円の社員を会社の指示で、午前中勤務後に早退させた

 
 
 

午前中勤務分の賃金4,000円を支払った場合は

 
 
 

(10,000円×60/100)−  4,000円=2,000円

 
 
 

と差額の2,000円を支払う必要があります。

 
 
 
 

なおパート・アルバイトのように時給制や日給制・出来高制の場合は、平均賃金の最低保証額があります。

 
 
 
 
 
 

パート・アルバイトの平均賃金の求め方は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

平均賃金の計算方法の詳細は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 
パート・アルバイトなどの労務管理については、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

働き方改革や同一労働同一賃金・シフト管理などについてのご相談は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 

労務相談や研修・セミナー講師などのご依頼は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 

法改正情報などについては、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 

 
 
 

 

こちらの関連記事もご覧ください。

 
 

2015年3月に島根県益田市にて社会保険労務士事務所を開業した池口と申します。 「求人を出しても応募がない」 「優秀な人に長く勤めてもらいたい」 と人材不足や労務管理に悩む社長さまのご相談をオンライン(Zoom、Skype、Chatwork)・LINE・メール・FAX・電話・訪問などご希望の方法で承っております。 令和3年度財団法人介護労働安定センター雇用管理コンサルタント任命。