【働き方改革】正社員と非正社員、待遇の違い・理由を説明する時の様式は?

 
 
 

働き方改革関連法が始まり2020年4月1日から

 
 
 
 

「パートタイム労働法」が

 
 
 
 

「パートタイム・有期雇用労働法」

 
 
 
 

に変わります。

 
 
 
 

(中小企業は2021年4月1日から)

 
 
 
 
 

事業主は、下記の(1)(2)が義務付けられます。

 
 
 
 
 

(1)社内で基本給など、あらゆる待遇で正社員と非正社員の不合理な待遇差の禁止(同一労働同一賃金)

 
 
 
 

(2)短時間労働者や有期雇用労働者から待遇の違いや違いを設けている理由を聞かれた時は、説明する

 
 
 
 

説明する内容は

 
 
 

◯「正社員と違いがある待遇の内容」

 
 
 

◯「正社員と待遇の違いがある理由」

 
 
 

◯「待遇の決定で考慮した事」

 
 
 
 

について、説明しなければなりません。

 
 
 

厚生労働省「パートタイム・有期雇用労働法対応のための取組手順書」で

 
 
 

・P.18  説明書モデル様式(第14号第2項の説明書の例)

 
 
 
 

・P.17  上記様式の記載例

 
 
 

が掲載されていますので、ご覧ください。

 
 
 

出典:厚生労働省「パートタイム・有期雇用労働法対応のための取組手順書」

 
 
 
 

「正社員と非正社員の待遇差が、働き方や役割に応じたものになっているか確認してほしい」

 
 
 
 

などパート・アルバイトなど有期雇用労働者の労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 

 
 
 

★働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

★顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 

★就業規則の診断・作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。