【働き方改革】台風15号による停電で仕事がたまった!残業は何時間できる?

 

台風15号による停電の影響で、千葉県では臨時休業の店舗や会社様がまだ多くあります。

 

全面復旧し、たまった仕事をかたづけるため残業(時間外労働)する場合、36協定があっても原則として

 

「1カ月間に45時間、1年間に360時間」までしか残業できません。

 

中小企業の残業の上限規制は、2020年4月からなので限度基準告示により

 

◯1週間に15(14)時間まで

 

◯2週間に27(25)時間まで

 

◯4週間に43(40)時間まで

 

◯1カ月に45(42)時間まで

 

◯2カ月に81(75)時間まで

 

◯3カ月に120(110)時間まで

 

◯1年間に360(320)時間まで

 

残業ができるとされています。

 

★( )内の数字は対象期間が3ヶ月を超える1年変形労働時間制の対象者の場合

 

働き方改革関連法の残業、有休休暇、就業規則の変更のご相談は↓からお願いします。

 

★働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金は
こちらのページをご覧ください。

 

★顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 

★就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。