小さな会社や個人事業主向け雇用調整助成金の必要書類は?

 
 
 

「新型コロナの影響で休業し、従業員に休業手当を支払った」

 
 
 

など、雇用の維持をした事業主に雇用調整助成金が支給されています。

 
 
 
 

今日から※小さな会社や個人事業主は、休業計画届が不要になるなど支給申請書類が3種類となりました。

 
 
 

※おおむね従業員20人以下の会社や個人事業主

 
 
 
 

支給申請に必要な書類は

 
 
 

・「休業実績一覧表」

 
 
 

・「(休業等)支給申請書」

 
 
 

・「支給要件確認申立書」

 
 
 

・「比較した月の売上などがわかる書類(初回のみ提出)」

 
 
 

(売上簿、レジの月次集計、収入簿など)

 
 
 

・「休業させた日や時間がわかる書類」

 
 
 

(タイムカード、出勤簿、シフト表など)

 
 
 

・「休業手当や賃金の額がわかる書類」

 
 
 

(給与明細の写しや控え、賃金台帳など)

 
 
 

・(役員等がいる場合)「役員名簿」

 
 
 

・「通帳またはキャッシュカードのコピー(口座番号やフリガナの確認ができる部分)」

 
 
 

となっています。

 
 
 
 

出典:厚生労働省雇用調整助成金支給申請マニュアル

 
 
 
 
 

新型コロナウィルス関連の労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

顧問契約((新型コロナ・働き方改革の労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

働き方改革については、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

お問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。