【働き方改革】早朝・深夜・土日祝勤務手当を正社員に支給、パートも必要?

 
 
 

労働基準法では、労働者に

 
 
 

■1か月に60時間以下の残業(時間外労働)をした場合

 
 
 

→大企業・中小企業ともに2割5分以上の割増率

 
 
 
 

■1か月に、60時間を超える残業(時間外労働)をした場合

 
 
 

→大企業は5割以上・中小企業は2割5分以上の割増率

 
 
 
 

2023年4月1日から中小企業も5割以上の割増率

 
 
 

■法定休日に仕事をさせた場合

 
 
 

→3割5分以上の割増率

 
 
 
 

■深夜(午後10時~午前5時)に仕事をさせた場合

 
 
 

→2割5分以上の割増率

 
 
 
 

で計算した割増賃金の支払いが必要です。

 
 
 
 

「早朝勤務や夜勤、土日祝日にシフトに入ってくれる従業員の採用が難しい」

 
 
 

と上記の法定割増賃金とは別に上乗せして

 
 
 

「正社員には、夜勤1回につき夜勤手当3,500円を支給している」

 
 
 

という場合、正社員と同一の勤務形態で働くパートなど短時間・有期契約労働者にも、同一の夜勤手当など特殊勤務手当が必要です。

 
 
 
 

出典:厚生労働省同一労働同一賃金ガイドライン(2018.12.18厚生労働省告示第430号)

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

同一労働同一賃金などパート・アルバイトの労務管理については、こちらをご覧ください。

 

 
 
 
 
 

労務相談(オンライン、メール、電話、訪問など)などの料金は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。

 
 
 
 
 
 
PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 
携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。