【働き方改革】月60時間超えの残業代、割増率が50%以上の企業は何%?

 

 
 
 
今日、厚生労働省HPで平成30年就労条件総合調査結果の概況が公表されました。
 
 

  

月60時間超えの残業の割増賃金率が50%以上
企業割合をみると
 
 
 
・従業員数1,000人以上の企業              97.5% ★
 
 
・従業員数300~999人以上の企業         90.1%
 
 
・従業員数1,00~299人以上の企業   64.2%
 
 
・従業員数30~99人以上の企業                  37.5%  
 
 
 
と従業員数が少ない企業ほど割合が少なくなります。
 
 
 
★月60時間超えの残業の割増賃金率を「定めている」企業を100とした割合
 
 
 
 
 
 
 
2019年4月1日から働き方改革関連法がスタートします。
 
 
 
現在大企業は、月60時間超えの残業の割増賃金率は 
50%以上です。
 
 
 
中小企業は、平成35年4月1日から月60時間超えの 
残業の割増賃金率が50%以上になります。
 
 
 
残業時間の削減対策が急がれますね。
 
 
 

★働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金は
こちらのページをご覧ください。

 
 
 

★顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 

★就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。