働き方改革 賃金

【働き方改革】月60時間超えの残業代、割増率が50%以上の企業は何%?

 
 

今日、厚生労働省HPで平成30年就労条件総合調査結果の概況が公表されました。

 
 
 
 

月60時間超えの残業の割増賃金率が50%以上の企業割合をみると
 
 
 
■ 従業員数1,000人以上の企業              97.5%※
 
 
 
 
■ 従業員数300~999人以上の企業        90.1%
 
 
 
 
■ 従業員数100~299人以上の企業   64.2%
 
 
 
 
■ 従業員数30~99人以上の企業              37.5%
 
 
 
 
と従業員数が少ない企業ほど割合が少なくなります。
 
 
 
 
 
※月60時間超えの残業の割増賃金率を「定めている」企業を100とした割合
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2019年4月1日から働き方改革関連法がスタートします。
 
 
 
 
現在大企業は、月60時間超えの残業の割増賃金率は50%以上です。
 
 
 
 
2023年4月1日から、中小企業も月60時間超えの残業の割増賃金率が50%以上になります。
 
 
 
 
残業時間の削減対策が急がれますね。

 
 
 
 
 

残業時間上限規制とは?小さな会社やお店もしなければならないことについては、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

年次有給休暇年5日取得義務化!罰則は?こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
夜勤シフトなどの労務管理や助成金などについては、こちらもご覧ください。

 
 
 
 
 
 

労務相談・就業規則作成など料金一覧は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。

 
 
 
 
 

 
 
 

 

こちらの関連記事もご覧ください。

 
 

2015年3月に島根県益田市にて社会保険労務士事務所を開業した池口と申します。 「求人を出しても応募がない」 「優秀な人に長く勤めてもらいたい」 と人材不足や労務管理に悩む社長さまのご相談をオンライン(Zoom、Skype、Chatwork)・LINE・メール・FAX・電話・訪問などご希望の方法で承っております。 令和3年度財団法人介護労働安定センター雇用管理コンサルタント任命。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。