中規模以上の会社が雇用調整助成金を申請、必要な書類は?

 
 
 

「新型コロナの影響で休業し、従業員に休業手当を支払った」

 
 
 

など、雇用の維持をした事業主に雇用調整助成金が支給されています。

 
 
 
 

従業員がおおむね20人を超える中規模以上の会社や事業主が

 
 
 

「緊急対応期間(令和2年4月1日~6月30日)に休業し従業員に休業手当を支払った」

 
 
 

という場合、雇用調整助成金の支給申請に必要な書類は

 
 
 

(1)「様式特第4号 雇用調整事業所の事業活動の状況に関する申出書」

 
 
 

(2)「様式特第6号 支給要件確認申立書・役員等一覧」

 
 
 

(3)「様式特第9号または12号 休業・教育訓練実績一覧表」

 
 
 

(4)「様式特第8号または11号助成額算定書」

 
 
 

(5)「様式特第7号または10号(休業等)支給申請書」

 
 
 

(6)「休業協定書」

 
 
 

(7)「事業所の規模を確認する書類

 
 
 

事業所の従業員数や資本額がわかる書類

 
 
 

(※ 既存の労働者名簿及び役員名簿で可)

 
 
 
 

(8)「労働・休日の実績に関する書類(出勤簿、タイムカード、の写しなど)」

 
 
 

(9)「休業手当・賃金の実績に関する書類(給与明細の写しや控え、賃金台帳など)」

 
 
 

添付書類として

 
 
 

・売上簿や収入簿、レジの月次集計など(既存書類の写しで可)

 
 
 

・(労働組合がある場合)組合員名簿

 
 
 

・(労働組合がない場合)労働者代表選任書 

 
 
 

となっています。

 
 
 
 

なお(1)(6)(7)は、2回目以降の提出は不要ですが、(6)は失効した場合、改めて提出が必要です。
 

 
 
 
 

出典:厚生労働省雇用調整助成金ガイドブック(簡易版)緊急対応期間(4月1日~6月30日)5月22日現在版

 
 
 
 
 

新型コロナ・働き方改革の労務相談の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

お問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。