人材定着

平成30年産業別ランキング!若手正社員が多い産業トップ3は?

 
 

今日、厚生労働省HPで、平成30年若年者雇用実態調査の概況が公表されました。

 
 
 
 

平成30年10月1日現在、15~34歳の若年労働者の割合は

 
 
 

■ 全労働者に対する若年労働者の割合 27.3%(前回28.6%)

 
 
 
 

■ 全労働者に対する若年正社員の割合 17.2%(前回18.3%)

 
 
 
 

■ 産業別全労働者に対する若年正社員の割合

 
 
 

1位 「情報通信業」 28.7%

 
 
 

2位 「金融業・保険業」  27.8%

 
 
 

3位 「電気・ガス・熱供給・水道業」 23.6%

 
 
 

と前回調査時(平成25年)より、若年の労働者・正社員ともに減少しています。

 
 
 
 

出典:厚生労働省「平成30年若年者雇用実態調査の概況表2産業・事業所規模、雇用形態別若年労働者割合」 

 
 
 
 
 

若手社員定着のため、残業削減・ハラスメント防止対策に早急に取り組みましょう。

 
 
 
 
 

2022年4月1日から、すべての事業主にパワハラ防止対策が義務化!厚生労働大臣指針で定められているパワハラ防止対策は?こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 

バイトの採用面接で「コロナワクチン接種済みか?」と質問したり、コロナワクチン未接種者を不採用とするのは違法?こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 

ハローワークで推奨されていたJIS規格の履歴書。厚生労働省が履歴書様式例を作成した理由は?こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 

令和3年度版「公正な採用選考をめざして」がダウンロードできるサイトは?こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 

採用については、こちらもご覧ください。

 
 
 
 
 
夜勤のシフトなど労務管理や助成金などについては、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 

労務相談やハラスメント相談窓口代行、就業規則の診断・改定・作成、各種手続き、研修講師などのご依頼は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 

令和4年4月1日から育休取得の意向確認・制度説明が義務づけられる改正育児・介護休業法や法改正情報などについては、無料メールマガジンでお伝えしています。

 
 
 
 
 

 
 
 

こちらの関連記事もご覧ください。

 
 
 

2015年3月に島根県益田市にて社会保険労務士事務所を開業した池口と申します。 「求人を出しても応募がない」 「優秀な人に長く勤めてもらいたい」 と人材不足や労務管理に悩む社長さまのご相談をオンライン(Zoom、Skype、Chatwork)・LINE・メール・FAX・電話・訪問などご希望の方法で承っております。 令和3年度財団法人介護労働安定センター雇用管理コンサルタント任命。