平成30年若手正社員が多い産業トップ3は?

 
 

今日、厚生労働省HPで、平成30年若年者雇用実態調査の概況が公表されました。

 
 

平成30年10月1日現在、15~34歳の若年労働者の割合は

 
 

◯全労働者に対する若年労働者の割合 27.3%(前回28.6%)

 
 

◯全労働者に対する若年正社員の割合 17.2%(前回18.3%)

 
 

◯産業別全労働者に対する若年正社員の割合

 
 

1位 情報通信業  28.7%

 
 

2位 金融業・保険業  27.8%

 
 

3位 電気・ガス・熱供給・水道業 23.6%

 
 

・宿泊業・飲食サービス業  7.9%

 
 

と前回調査時(平成25年)より、若年の労働者・正社員ともに減少しています。

 
 

出典:厚生労働省平成30年若年者雇用実態調査の概況
表2産業・事業所規模、雇用形態別若年労働者割合 

 
 

若手社員定着のため、残業削減・ハラスメント防止対策に早急に取り組みましょう。

 
 

 
 

★求人・採用サポートの内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 

 
 

★働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 

 
 

★顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。