夜間の緊急当番日、自宅待機時間手当の支払いは必要?

 
 
 

2020年4月1日から中小企業も、残業時間の上限規制が始まりました。

 
 
 

(建設業・自動車運転業・医師など一部除く)

 
 
 
 

労働時間に該当する場合、原則として1分単位で賃金の支払いが必要です。

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

夜間や休日に緊急対応の当番で、会社の携帯を持って帰り自宅待機した従業員が

 
 
 
 

■帰宅後、自由に過ごすことが認められている

 
 
 

■電話がなかった(仕事がなかった)

 
 
 

場合、当番日に自宅待機した時間分の手当(賃金)の支払いは必要ありません。

 
 
 
 
 

働き方改革については、こちらのページもご覧ください。

 
 
 
 
 

顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

料金は、こちらのページをご覧ください。