夜勤手当を支払えば深夜割増賃金は不要?

 
 
 

労働者に深夜(午後10時~午前5時)に仕事をさせた場合、2割5分以上で計算した割増賃金の支払いが必要です。

 
 
 

(労働基準法第37条第4項)

 
 
 
 

「夜勤1回につき3,000円の夜勤手当を支払っている」

 
 

という場合、深夜割増賃金の支払いが必要でしょうか?

 
 
 
 
 

実際の夜勤による深夜割増賃金額が、夜勤手当を超えた場合、差額を支給する必要があります。

 
 
 

 
 

夜勤手当に、深夜労働の割増賃金を含めて支給する場合は

 
 
 

■夜勤手当が何時間分の深夜労働の割増賃金に相当するかを就業規則などに規定する

 
 
 
 

■上記で規定した時間を超えて深夜勤務をした場合、差額分を支払う

 
 
 

必要があります。

 
 
 
 
 
 

割増賃金の計算をする時、「1時間当たりの賃金額」から除いてもいい手当は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

同一労働同一賃金などパート・アルバイトの労務管理については、こちらをご覧ください。

 
 
 

 
 
 

労務相談(オンライン、メール、電話、訪問など)などの料金一覧は、こちらをご覧ください。

 
 
 

 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。

 
 
 

 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 

 
 
 

携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。