【働き方改革】有給休暇年5日取得義務化!罰則は?

 

 
 
 

2019年4月1日から年間5日以上有給休暇取得が義務づけられました。

 
 
 
 
「10日以上有給休暇が与えられるすべての労働者」が、対象です。

 
 
 
 
有給休暇の取り方は、
 
 
 
(1)労働者が「〇月◯日に休みます」と会社に申請する方法
 
 
 
 
(2)同じ職場で一斉に有給休暇を取るなど前もって有給休暇を割り振る計画的付与制度
 
 
 
 
(3)休みたい日を労働者に聞き、希望を考慮した上で、「〇月◯日に休んで」と会社が時季を指定(時季指定)する方法
 
 
 
の3つの方法があります。

 
 
 
 
有給休暇に関する罰則は
 
 
 
(1)「私用の有給休暇は認めない」など理由によって労働者が請求する時季に有給休暇を取らせない
 
 
 
→6か月以下の懲役または30万円以下の罰金
 
 
 
(3)時季指定の方法や対象労働者の範囲を就業規則に記載してない場合
 
 
 
→30万円以下の罰金
 
 
 
(4)対象者に年間5日以上の有給休暇を取得させていない場合
 
 
 
→30万円以下の罰金

 
 
 
という内容です。
 
 
 
ただし(1)については、労働者の有給休暇希望日は有給休暇の希望者が多かったため、別の日に変えてもらうことは問題ありません。(時季変更権)
 
 
 
 
★働き方改革など労務相談の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

★顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

★就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。