【働き方改革】有給消化5日義務化、カウントの起算日は?

 
 
 
 

2019年4月1日から働き方改革がスタートし

 
 
 
 

「有給休暇の年5日以上の取得」

 
 
 

が、すべての事業主に義務づけられました。

 
 
 

対象者は、「法定の有給休暇が10日以上与えられるすべての労働者」です。

 
 
 
 

管理監督者、アルバイトなど有期雇用労働者も、法定の有給休暇が10日以上与えられる人は対象です。

 
 
 
 

「年5日以上」をカウントする時の起算日ですが

 
 
 

(誤り)「2019年4月1日以降」

 
 
 

ではなくて

 
 
 

(正解)「2019年4月1日以降の基準日から」

 
 
 

1年以内に有給休暇を5日取らせる必要があります。

 
 
 
 

例えば、2018年4月1日に入社した社員が

 
 
 

・入社した日から継続して6カ月間勤務している

 
 
 
 

・上記の期間の全労働日の8割以上出勤している

 
 
 
 

の両方に該当する場合、2018年10月1日(法定基準日)に有給休暇を10日与える必要があります。

 
 
 
 

有給休暇年5日取得義務化は、2019年4月から始まったので、この社員の場合、

 
 
 

・2018年10月1日~2019年9月30日まで

 
 
 

→年間5日以上有給休暇を取得できなくても違法でない

 
 
 

・2019年10月1日~2020年9月30日まで

 
 
 

→年間5日以上有給休暇を取得できないと違法

 
 
 

となります。

 
 
 
 

社員ごとに基準日、有給休暇取得日数、取得した日付を有給休暇管理簿で把握しておきましょう。

 
 
 
 
 

★就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。
 
 
 
 

★働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

★顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。