【働き方改革】残業時間の上限規制=残業禁止?

 
 
 

働き方改革関連法が始まり、法律で残業(時間外労働)の上限時間ができました。

 
 
 
 

小さな会社やお店では、2020年4月1日から残業時間の上限規制が始まります。 

 
 
 

残業時間の上限規制は

 
 
 

「残業規制=残業禁止」

 
 
 

という意味ではありません。
 
 
 
 

今までは、労働基準監督署の指導のみで、法律上で残業時間の上限規制がありませんでした。

 
 
 
 

今回の改正で、残業できる上限時間が

 
 
 

(1)原則 

 
 
 

1カ月間に残業できる時間は「45時間まで

 
 
 

1年間に残業できる時間は「360時間まで

 
 
 
 

(2)例外

 
 
 

臨時的に特別な事情があり労使の合意がある場合
 
 
 

1年間に残業できる時間は「720時間まで

 
 
 

と「法律で」規制されます。

 
 
 

そして今回の改正で、「残業時間+法定休日の労働時間」という管理が必要となりました。

 
 
 
 

上限規制の詳細はこちらのページもご覧ください。

 
 
 
 
 

働き方改革についてはこちらのページもご覧ください。

 
 
 
 
 

★顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

★就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。