労務相談(スポット)

 
 

労務相談(スポット)
  ~オンライン相談で全国に対応~

 
 

 
 

 
 

2019年4月から働き方改革関連法が始まりました。

 
 
 
 

残業時間の上限規制や年次有給休暇5日消化義務など、重要な改正が多いです。

 
 
 
 

また新型コロナウイルス感染拡大防止のため、在宅勤務や時差出勤が推進されます。

 
 
 

■うちの会社の勤務シフトは、残業時間の上限規制に対応している?

 
 
 

■新型コロナ対策で、在宅勤務・時短勤務・時差出勤制度を導入するためには何が必要?助成金は?

 
 
 

など労働・社会保険に関する法律相談を人事・労務管理の専門家、社会保険労務士(国家資格)がお受けいたします。

 
 
 
 

(相談方法・料金)

 
 
 
 

■訪問、電話、オンライン(Zoom、Skype、Chatworkなど)

 
 
 

30分 5,000円(税抜)

 
 
 

(土・日・祝日など弊所休日を除く)

 
 
 
 
■メール、FAX、LINE、Chatwork
 
 
 
4往復  5,000円(税抜)
 
 
 
質問やお問い合わせは、24時間受付。
 
 
 

48時間以内(土、日、祝日など弊所休日除く)に、返信。

 
 
 
 
■助成金の申請代行は、着手金2万円+成功報酬20%(税抜)

 
 
 
 
 
■社会保険手続き
 
 
 

例:健康保険資格取得届 1名につき5,000円(税抜)

 
 
 
 

お見積りのご依頼は、こちらよりお気軽にお申し付けください。

 
 
 
 
 
(お申込み方法)

 
 
 
 
1 こちらのお申込フォームより、ご希望の日時を第3希望まで候補を挙げてください。
 
 
 
 
 
2 訪問、電話、Web面談による相談をご希望の方は、相談日時などを、弊所より折り返しご連絡いたします。
 
 
 
 
 
3 報酬等(必要に応じて交通費、宿泊費)は、後程弊所からお送りするメールに記載の銀行口座に記載の金額をお振込みください。
 
 
 
 
 

お問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。
 
 
 
 
「回数を気にせず相談したい」という方には、顧問契約がおすすめです。
 
 
 
 
顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 

 
 


 
 

 
 
 
無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。