会社で新型コロナに感染、労災になった事例は?

 
 
 

国内で新型コロナウイルスに感染した場合、

 
 
 

「新型コロナウィルスの感染経路が判明し、感染が業務によるものである」

 
 
 

と認められた場合、原則として労災保険給付の対象となります。

 
 
 
 

医療従事者や保育士、小売業の販売業務など感染リスクの高い仕事の場合は、要件が緩和されています。

 
 
 
 

詳細は、

 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 

出典:厚生労働省「新型コロナウイルス感染症の労災補償における取扱い」令和2年4月28日基補発 0428 第1号

 
 
 
 

厚生労働省HPでは、下記などの職種別労災認定事例が掲載されています。

 
 
 
 

事例7)検査で陽性判定されたG保育士

 
 
 

労働基準監督署による調査の結果、G保育士以外にも、同時期に同僚労働者や複数の園児の感染が確認され支給決定

 
 
 
 

事例9)検査で陽性判定されたI建設資材製造技術者

 
 
 

・労働基準監督署による調査の結果、感染経路は特定されなかった

 
 
 

・発症前14日間に勤務していた職場の事務室で品質管理業務を行い、Iさんの他にも感染者が勤務していた

 
 
 

・発症前14日間の私生活では、買い物で家族と自家用車での外出が1日あったのみで家族以外の接触はない

 
 
 

・医学専門家から、業務により感染した蓋然性が高いと認められるとの意見であった

 
 
 

 →上記により支給決定

 
 
 

出典:厚生労働省「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に係る労災認定事例」

 
 
 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。

 
 
 
 
 
 

新型コロナ・働き方改革などについては、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

料金一覧は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)からのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。