記録的な大雨で臨時休業、休業手当の支払いは必要?

 
 
 

記録的な大雨で、熊本ではスーパーやコンビニの臨時休業が相次いでいます。

 
 
 
 

大雨による浸水などで従業員を休業させる場合の休業手当は

 
 
 

■浸水で会社の建物や設備が被害を受け、休業させる場合

 
 
 

→休業手当の支払いは必要なし

 
 
 

■建物や設備の被害はないが、取引先や鉄道・道路が被害を受け仕入れが不可能になり休業させる場合

 
 
 
 

・原因が事業の外部より発生した

 
 
 
 

・事業主が最大の注意をしても避けられなかった

 
 
 

の両方に該当する場合、休業手当の支払いは必要なし

 
 
 

とされています。

 
 
 

 
 

 
 
 

 
 

新型コロナウイルス感染対策関連の労務相談・助成金については、こちらのページをご覧ください。

 
 
 

 
 

顧問契約(新型コロナ・働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 

 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。