令和2年労災で休業4日以上の病気やケガが最も多かった業種は?

 
 
 
 

厚生労働省HPで、令和2年労働災害発生状況(10 月速報値)が公表されました。

 
 
 
 

令和2年1月1日から令和2年9月30日までに発生した労働災害は

 
 
 

■死亡者数 511 人(前年同期比 ▲37 人、6.8%減少)

 
 
 

(平成29 年同期比 ▲118 人、18.8%減少)

 
 
 
 

■休業4日以上の死傷者数 80,332 人(前年同期比+741 人、0.9%増加)

 
 
 

(平成29年同期比+3680 人、4.8%増加)

 
 
 
 

■休業4日以上の死傷者数が最も多かった業種

 
 
 

第三次産業 38,733 人(前年同期比+1418 人、3.8%増加)

 
 
 

(平成29年同期比+3933 人、11.3%増加)

 
 
 

と第三次産業(介護施設や小売・飲食業など)が、全死傷者数の48.2%を占めています。

 
 
 
 

出典:厚生労働省令和2年における労働災害発生状況について(10 月速報値)

 
 
 
 

労災でケガや病気になった場合、労働基準監督署に提出する「労働者死傷病報告書」は

 
 
 

■4日以上の休業が必要なケガや病気になった場合

 
 
 

→遅滞なく提出する必要あり

 
 
 
 

■1日以上4日未満の休業が必要なケガや病気になった

 
 
 

→4半期ごと提出する必要あり

 
 
 
 

■休業不要のケガや病気の場合は、提出不要

 
 
 
 

で、労災隠しが発覚すると原則1年間厚生労働省HPで会社名などが掲載されます。

 
 
 
 

休業が必要な労災が発生した場合は、労働者死傷病報告書を忘れずに労働基準監督署に提出しましょう。

 
 
 
 
 
 

働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金はこちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

顧問契約(オンライン相談対応)の内容、料金は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。