会社の健康診断を受けさせないといけないパート、アルバイトは?

 
 
 
 

新卒者の入社シーズンに、健康診断をされる事業所様は多いと思います。

 
 
 
 

事業主は、労働安全衛生法第66条に基づき、常時使用する労働者に医師による健康診断をしなければなりません。

 
 
 
 

健康診断を受けさせないといけないのは、正社員だけではありません。

 
 
 
 

パート、アルバイト、契約社員など働き方に関係なく

 
 
 

1 無期契約または契約期間が、1年以上の有期契約の従業員

 
 
 

2 正社員の週所定労働時間の3/4以上働く従業員

 
 
 

と1と2の両方を満たしているパート、学生アルバイトなどの従業員にも雇入時の健康診断、定期健康診断を受けさせる義務があります。

 
 
 
 

なお1に該当し、正社員の週所定労働時間の1/2以上3/4未満で働くパート、アルバイトなどの従業員には

 
 
 

「健康診断の実施が望ましい」

 
 
 

とされています。

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

新型コロナウイルス感染対策関連の労務相談については、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

顧問契約(新型コロナ・働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

お問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。