令和3年4月から希望者全員働ける年齢70歳に引き上げが「努力義務」に

 
 

 
 
 
現在、会社が定年を定めるときは、60歳以上にしなければなりません。
 
 
 
 
(高年齢者雇用安定法8条)

 
 
 
 
定年の年齢が65歳未満の会社は
 
 
 
(1)定年の年齢を65歳以上にする
 
 
 
(2)65歳までの継続雇用制度を導入
 
 
 

(再雇用制度・勤務延長制度など)

 
 
 
(3)定年制を廃止
 
 
 
のうちどれかを制度として導入することが、義務づけられています。
 
 
 
(高年齢者雇用安定法第9条)
 
 
 
 

令和3年4月1日から改正高年齢者雇用安定法が始まります。

 
 
 
 

希望者全員が働ける年齢を、現在の65歳から70歳にすることが努力義務となります。

 
 
 
 

70歳までの就業支援の方法は、下記①~⑤のいずれかとされています。

 
 
 
 

①70歳までの定年引上げ

 
 
 

②70歳までの継続雇用制度の導入

 
 
 

③定年退職制度廃止

 
 
 

高年齢者が希望するときは、70歳まで継続的に④及び⑤の制度を導入

 
 
 

④業務委託契約を締結する制度

 
 
 

⑤a.事業主が自ら実施する社会貢献事業に従事できる制度

 
 
 

⑤b.事業主が委託、出資(資金提供)等する団体が行う社会貢献事業に従事できる制度

 
 
 
 
 

パート・アルバイト・嘱託職員などの労務相談(スポット)の内容、料金はこちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)からのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。