賃金

大雪や台風で電車が遅れ会社に遅刻!遅刻した時間分を残業、割増賃金の支払いは必要?

 
 
 

昨日気象庁が、昨夜から24日にかけて関東甲信地方で大雪のおそれがあると記者会見を行っています。

 
 
 
 

東京都心でも積雪のおそれがあり、交通機関に影響が出る可能性があるということです。

 
 
 
 

台風や大雪などの自然災害や事故の影響による電車の遅れで、遅刻した社員の給与ですが

 
 
 

■遅刻した時間分の給与を差し引いても問題なし

 
 
 

■遅刻した当日に遅刻した時間分の残業をした場合、割増賃金の支払いは必要なし

 
 
 

(例)所定労働9時~18時(途中休憩1時間)の社員が、電車の遅れで10時に出勤した場合

 
 
 

→遅刻した当日19時まで仕事をした場合、残業代(割増賃金)の支払いは不要

 
 
 
 

■遅刻した日の翌日など、後日に遅刻した時間分の残業をした場合は、割増賃金の支払いが必要

 
 
 

(例)所定労働9時~18時(途中休憩1時間)の社員が電車の遅れで10時出勤

 
 
 

→遅刻した日の翌日9時~19時(途中休憩1時間)まで仕事をした場合、1時間分の残業代を支払う必要あり

 
 
 

となります。

 
 
 
 

社員の方と自然災害により公共交通機関が止まった場合の対応策を話し合っておきましょう。

 
 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。

 
 
 
 

 
 
 

 
 
 

こちらの関連記事もご覧ください。

 
 

池口 由里絵
2015年3月に島根県益田市にて社会保険労務士事務所を開業した池口と申します。 「求人を出しても応募がない」 「優秀な人に長く勤めてもらいたい」 と人材不足や労務管理に悩む社長さまのご相談をオンライン(Zoom、Skype、Chatwork)・LINE・メール・FAX・電話・訪問などご希望の方法で承っております。 令和2年度財団法人介護労働安定センター雇用管理コンサルタント任命。