残業に必須の36協定、締結している割合は何%?

 
 

 
 
 
厚生労働省HPで令和元年度過労死等に関する実態把握のための労働・社会面の調査研究事業報告書が掲載されました。
 
 
 
 
企業調査(2019年9月1日現在の状況)結果によると、

 
 
 
■36協定を締結している割合  86.6%
 
 
 
 
■全労働者数別36協定を締結している割合
 
 
 
「500 人以上」 100%
 
 
 

「300~499人」97.7%

 
 
 
「100~299人」 96.8%
 
 
 
「50~99人」 95.3%
 
 
 
「10~49人」 82.5% 
 
 
 
 

と労働者数の多い企業ほど36協定の締結割合が高くなっています。

 
 
 

※36協定:時間外労働・休日労働に関する協定

 
 
 

出典:厚生労働省令和元年度過労死等に関する実態把握のための労働・社会面の調査研究事業報告書図表2-1-8・9

 
 
 
 

2019年4月から働き方改革が始まり、残業できる上限時間が法律で規制されています。

 
 
 
 

変形労働時間制の導入など、残業を減らす取り組みをご検討ください。

 
 
 
 
 
 

夜勤に欠かせない「1カ月単位の変形労働時間制」を 採用するには?

 
 
 
 
 
 

働き方改革については、こちらもご覧ください。

 
 
 
 
 
 

顧問契約(オンライン・メール・電話・訪問などで相談)の内容、料金は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

労務相談(オンライン相談対応)などの料金は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。

 
 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)からのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。