月額払いの役職手当を時給に換算する方法は?

 
 
 
 

先月セブンイレブン・ジャパンが、アルバイトやパート従業員に残業手当の一部未払いについて謝罪会見を行いました。

 
 
 
 

法律で定められた残業手当の計算式を間違えていたことが原因だったということです。

 
 
 
 

残業代(割増賃金)の計算式は

 
 
 
 

1時間当たりの賃金額×時間外労働・深夜勤務・法定休日労働した時間×割増率=残業代(割増賃金)

 
 
 
 

です。

 
 
 
 

「1時間当たりの賃金額」には、基本給だけでなく※各種手当も入れて計算します。

 
 
 
 

※各種手当:通勤手当など除外できるものを除く

 
 
 
 

各種手当を月額で支払っている場合は、時給に換算して計算します。

 
 
 
 

例)時給1,000円のアルバイト従業員が

 
 
 
 

・リーダー手当月額 3,000円

 
 
 
 

・1か月平均の所定労働時間数 150時間

 
 
 
 

・1か月に10時間残業(時間外労働)をした

 
 
 
 

リーダー手当の「1時間当たりの額」は

 
 
 
 

リーダー手当月額3,000円÷1か月平均所定労働時間数150時間=20円

 
 
 
 

「1時間当たりの賃金額」は、

  
 
 

時給1,000円+20円=1,020円

 
 
 
 

よって1か月の残業代(割増賃金)は

 
 
 
 

1時間当たりの賃金額1,020円×時間外労働10時間×割増率1.25=12,750円

 
 
 
 

となります。

 
 
 
 

残業代の払い忘れがないか、ご確認ください。

 

 
 
 

★顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 

★働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。