大雪予報でJRが計画運休発表、自宅待機を指示した社員に休業手当の支払いは必要?

 
 
 

気象庁によると、北日本~西日本は、7日~8日にかけて暴風雪や大雪のおそれがあるということです。

 
 
 
 

出典:気象庁防災情報(@JMA_bousai)

 
 
 
 

7日と8日の山形新幹線は、山形~新庄駅間の上下線で終日運転の見合わせが発表されています。

 
 
 

出典:JR東日本「新幹線の運行情報・運休情報2021年1月6日16時30分現在」

 
 
 
 

天気予報を見て、暴風雪や大雪が降る前に

 
 
 

「電車の運休で、社員が出勤難民にならないように」

 
 
 

と事業主が社員に自宅待機を指示した場合、社員に休業手当を支払う必要があります。

 
 
 
 

あらかじめ就業規則などに

 
 
 

「自然災害で公共機関が運休し出勤できない場合、特別休暇とする」

 
 
 

と規定されている場合は、その規定に従う必要があります。

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。

 
 
 
 
 
 

働き方改革については、こちらもご覧ください。

 
 
 
 
 
 

お得な顧問契約(オンライン相談も対応)の内容、料金は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)からのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。