労働時間が週44時間以下だと残業代つかない会社は?

 
 
 

労働者に法定労働時間を超えて仕事をさせた場合、2割5分以上で計算した割増賃金の支払いが必要です。

 
 
 
 

法定労働時間は、原則「1日8時間・1週40時間」です。

 
 
 
 

ただし労働者が常時10人未満の

 
 
 

■商業(小売業、卸売業、理容業、美容業など)

 
 
 

■映画・演劇業(映画製作を除く)

 
 
 

■保健衛生業(病院、診療所、歯科診療所、介護事業など)

 
 
 

■接客娯楽業(飲食店、旅館・ホテル、結婚式場など)

 
 
 

の法定労働時間は、「1日8時間・1週44時間」です。

 
 
 

(特例措置対象事業場)

 
 
 
 

よって、特例措置対象事業場では

 
 
 

「1日8時間あるいは1週44時間

 
 
 

を超えて仕事をさせた場合、2割5分以上の割増賃金の支払いが必要です。

 
 
 
 

労働時間が「1日8時間あるいは1週44時間」以下の場合、割増賃金の支払いは不要です。

 
 
 
 
 
 

割増賃金の計算をする時、「1時間当たりの賃金額」から除いてもいい手当は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

労務相談(オンライン、メール、電話、訪問など)などの料金一覧は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。

 
 
 

 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 

 
 
 

携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。