【働き方改革】同一労働同一賃金対応状況チェックツール

 
 
 

2020年4月1日から「パートタイム労働法」が

 
 
 

「パートタイム・有期雇用労働法」

 
 
 

に変わりました。(中小企業は2021年4月1日)

 
 
 
 

事業主は

 
 
 

・社内で基本給や賞与など、あらゆる待遇で正社員と非正社員の不合理な待遇差が禁止
(同一労働同一賃金)

 
 
 

・非正社員から正社員との待遇の違いなど説明を求められた場合、説明する

 
 
 

ことが義務付けられます。

 
 
 
 

厚生労働省の「パートタイム・有期雇用労働法等対応状況チェックツール」では

 
 
 

1 「基本給、賞与、手当」

 
 
 

2 「教育訓練、福利厚生等」 

 
 
 

3 「正社員への転換推進措置」

 
 
 

4 「相談のための体制整備、労使の話し合いの促進など」

 
 
 

5 「労働条件の明示・説明」

 
 
 

6 「他の労働関係法令」

 
 
 

の各設問項目に回答することで、自社に必要な対応策が分かります。

 
 
 

出典:厚生労働省パート・有期労働ポータルサイト「パートタイム・有期雇用労働法等対応状況チェックツール」

 
 
 
 
 

パート・アルバイトなどの労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 

働き方改革については、こちらのページをご覧ください。

 
 
 

就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。