特例措置対象事業場でも法定労働時間が週40時間の場合とは?

 
 
 

労働者には、原則「1日8時間・1週40時間」を超えて仕事をさせることができません。

 
 
 

(法定労働時間)

 
 
 
 

ただし労働者が、常時10人未満の特例措置対象事業場では

 
 
 

「1日8時間・1週44時間

 
 
 

まで仕事をさせることができます。

 
 
 
 

特例措置対象事業場の業種など詳細は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

特例措置対象事業場で変形労働時間制を導入した場合の週の労働時間は

 
 
 

■1か月単位の変形労働時間制の場合

 
 
 

 「1週平均44時間以内」

 
 
 
 

■1年単位の変形労働時間制、1週間単位の変形労働時間制の場合

 
 
 

 「1週平均40時間以内

 
 
 

となるように、シフトを作成する必要があります。

 
 
 
 
 
 

変形労働時間制のシフト作成については、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

就業規則の診断・変更・作成については、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

労務相談(オンライン、メール、電話、訪問など)などの料金一覧は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。

 
 
 

 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 

 
 
 

携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。